秩父の芝桜 車椅子ベビーカー 電車バス車でも

秩父の芝桜は障害者用トイレや駐車場もあり車いすでも行きやすいです。
手帳の交付を受けている人は提示で入園無料にもなります。
車やツアーバスや電車、交通手段も複数あります。

秩父 芝桜 車椅子で行ける?

秩父における有名な観光スポットに羊山公園の芝桜があります。
桜の名所は多いですが、芝桜の名所は全国でもそう多くはありません。
芝桜の開花時期は4月中旬から5月上旬であり、この時期には多くの観光客が秩父に訪れます。

芝桜は丘の上に植えられており、色とりどりの花が美しいデザインを形成しています。
丘の上からは秩父市街を一望することができます。

車椅子での利用が可能かという質問がよくありますが、車椅子でも可能です。
近くに駐車場があリますし、園内には障害者用のトイレも完備されています。

障害者手帳や療育手帳などの交付を受けている場合には入園料が無料になるサービスもあります。
介護が必要な家族がいる家庭でも一緒に観光を楽しむことができます。

秩父の芝桜 電車 バス 車 でも行ける?

秩父の芝桜を電車を使って見に行く場合には、都心からは西武池袋線の特急列車を使えば、乗り換えなしで最寄り駅まで移動できます。

芝桜の時期には関東の各地からツアーバスを利用すれば、手頃な料金で移動することができます。

で移動するときには、関越自動車道の花園ICで下車して、国道140号を進む方法が便利です。
寄居町の付近では末野大橋を渡る道へ進めば、長瀞を経由せずに秩父の市街地へ直接に移動できるため、所要時間も短縮できます。

東京の西部から向かうときには、飯能方面から国道299号線を使って、途中で正丸トンネルを通過すれば、羊山公園の直下まで到達します。
群馬方面から移動する際には、国道407号から国道140号に入り、武甲山を目印にして羊山公園まで進むこともできます。

秩父 芝桜 赤ちゃんベビーカーで行ける?

芝桜で有名なのが、秩父の名所である芝桜の丘です。
秩父のシンボルと言われる武甲山の麓にある羊山丘陵の斜面を利用して、植栽されています。
関東でも有数の植栽面積を誇る芝桜の丘は、ピンク、白、紫色など、美しい色の芝桜がデザイン化されています。
種類は9種類で、40万株以上も植栽されています。

芝桜の開花時期である4月上旬から5月上旬は、ベビーカーに乗せた赤ちゃんと桜を楽しむ若い夫婦、カップル、高齢者など、幅広い年齢層の人が訪れます。

開花状況は、天候にも左右されるので、事前に開花状況を確認した方が安心です。
開花期間中は、秩父路の特産市や各種イベントも開催されます。

障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人は、提示すると入園料が無料となります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ