片付け捨てる本おすすめ カレンキングストン金子由紀子こんまり他

片付け本や捨てる本は沢山ありますが、捨てられるナンバーワンは、
カレン・キングストンです。ガラクタの悪影響が風水面から語られ、
捨てずにいられなくなります。シンプルの金子由紀子さんや
ときめきの近藤麻理絵さん、佐々木典士さん他おすすめを集めました。

一番捨てられる カレン・キングストン 風水整理術

片付けや捨てるがブームで沢山の本が出ています。
多くを読みましたが、一番捨てることが出来た本カレンキングストンです。
風水の方面からガラクタが及ぼす害を述べていて、
捨てずにいられなくなります。

カレン・キングストン 新ガラクタ捨てれば自分が見える 風水整理術入門 小学館文庫

シンプルな金子由紀子さんの片付け

金子由紀子さんの暮らしも理想に近かったです。
もこんなにものが少ないの?と管理が楽そうでいいなと刺激を受けました。

すっきり暮らすコツと習慣 金子由紀子さん流(暮らしの正解シリーズ)

持たない暮らし お部屋も心もすっきりする 金子由紀子

ドミニック・ローホーさんもシンプルです。

近藤麻理絵絵さん 人生がときめく片付けの魔法

片付けで世界的に有名になった近藤麻理絵さんの1冊目の著書。

人生がときめく片付けの魔法 近藤麻理絵

片付けの魔法は、海外でも人気で続編が続々と出ています。
写真入りで、こちらの本も好きです。

毎日がときめく片付けの魔法 近藤麻理絵

やましたひでこさんの断捨離

やましたひでこさんは流行語大賞にもなった断捨離です。
本の名前がこれだけ浸透するってすごいです。
断捨離しましたって言って
「断捨離って何?」って今では聞かれずに片付けの類義
って分かるくらい普通に使われていますよね。

新・片付け術断捨離 やましたひでこ(マガジンハウス文庫)

個人的には、やましたひでこさんの最後に残ったピアノ、
捨てなくていいと感じました。

辰巳渚さんの捨てる技術

辰巳渚さんの本はこんまり(近藤麻理絵)さんにも影響を与えました。
捨てるや片付けブームのはるか前に発売され、
かなり売れていた本です。出たばかりの頃に読みました。

捨てる!技術 新装・増補版(宝島社新書)

引き出しの中は見ないで捨てる、って少々乱暴に思えましたが
今では、ときめきで選択し決断するなど、色々ノウハウが
出て来たので、そこまで思い切らずとも片付けられそうです。

ゆるりまい わたしのウチにはなんにもない

ゆるりまいさんもなにもないシリーズが4巻と、
沢山発売されています。写真入りで、何も無い家の中が公開されています。

わたしのウチには、なんにもない。物を捨てたい病を発症し、今現在に至ります。

共感できるのか出来ないのか微妙ながらも続編まで読み進めてしまいました。

わたしのウチにはなんにもない。(2)なくても暮らしていけるんです

ぼくたちに、もうモノは必要ない 佐々木典士

本屋さんに沢山積んである本です。
出版社の編集者の佐々木典士さんがiPhoneや月収10万円あれば
それでいいというような、斬新な内容です。
それでもよければ気が楽かもしれないと思わせてくれる本です。

ぼくたちに、もうモノは必要ない 佐々木典士

何もしていない時にしか働かない脳の部分がある」というのは、
これまで読んだどの本にも書いていないことで印象に残っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ